体毛のメカニズム-医療レーザー脱毛-皮膚科、アンチエイジング、形成外科なら川崎の宮前いとうクリニック

アンチエイジング、皮膚科、形成外科なら川崎の宮前いとうクリニック

美容医療・美容皮膚科

医療レーザー脱毛

体毛のメカニズム

毛は皮膚表面に出ている部分を毛幹、皮膚の内部にある部分を毛根と呼びます。
毛根の端は毛球部があり、中心部には球状の凹みがあります。
その毛穴の最下部にあるのが毛乳頭です。
毛乳頭は毛の栄養をつかさどる血管や神経が入り毛の成長をつかさどっています。
毛乳頭がある限り毛は生えてきます。

毛幹 皮膚の表面からでている部分。毛とよばれている部分です。
毛根 皮膚の内部にあります。別名は毛幹です。
毛乳頭 毛根の一番下にあるくぼみの部分。
毛の成長に必要な栄養(アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど)を取り入れて毛母細胞に送る働きをしています。
毛母細胞 毛乳頭を取り巻くように存在し、栄養を貰い絶えず分裂・増殖を繰り返しています。
細胞分裂をすることで毛を成長させます。
毛包 毛根を包んで保護する組織。毛の生産を助けます。
毛孔 いわゆる「毛穴」です。

毛乳頭は毛抜きでもワックスでも毛乳頭を取り去ることは出来ず、毛乳頭がある限り毛は生えてくる再生組織です。脱毛使用するレーザー機は黒色に反応しますので、この黒い部分の毛乳頭をレーザーによって熱破壊する事で、毛が生えてこなくなります。
しかし、体毛には毛周期がある為、休止中の毛乳頭(白色)には反応しません。一回の施術では現在生えている(黒い毛母細胞に包まれている)体毛だけしか除去できません。そして、皮膚の中に無数の毛乳頭(白色)が眠っております。
その休止中の毛乳頭の周りに毛母細胞(黒色)が改めて生成され新しい体毛が以前同様に生え始めますので、その眠っていた体毛が出てきた1~2ヶ月後が次の脱毛タイミングになります。このサイクルで5~6回脱毛の施術を受ける事で、より永久に近い脱毛が可能になります。

川崎の宮前いとうクリニックの方針に沿って、安全に痛くなくゆっくり若返ろうと思われた方は、ご予約をお電話から予約をお願い致します。また、予約されている患者様のために決められた時間でお部屋をご用意していますので、時間通りにおこしください。

一般皮膚科

聖マリアンナ医大の近くです

大きな地図で見る

〒216-0015
川崎市宮前区菅生2-1-6日向園ビル2F

最寄駅
東急田園都市線溝口駅下車
小田急線向ヶ丘遊園駅下車
田園都市線あざみの駅下車
バス「蔵敷(ぞうしき)バス停」下車すぐ

ページトップへ