脱毛の原理-医療レーザー脱毛-皮膚科、アンチエイジング、形成外科なら川崎の宮前いとうクリニック

アンチエイジング、皮膚科、形成外科なら川崎の宮前いとうクリニック

美容医療・美容皮膚科

医療レーザー脱毛

脱毛の原理

医療レーザー脱毛は、レーザーが特定の色に反応するという特徴を利用した施術方法です。脱毛専用のレーザーを肌に向けて照射すると、皮下3~4㎜程度にある毛根(毛の根元部分)のメラニンがその光を吸収します。光を吸収すると、そこから熱が発せられ、毛乳頭(毛を作り出す部分)を破壊します。毛乳頭を破壊することで、毛が生えてこないようにするのです。
周辺の皮膚には反応しませんが、毛根が火傷する状態なので多少の痛みはあります。個人差はありますが、輪ゴムでパチンとはじいたような感じです。

施術回数と治療の間隔

毛周期に合わせて1~2ヶ月ごとに5~6回

毛周期

体毛は伸びては抜け落ち、また生えてくるという過程を繰り返す、毛周期があります。「成長期1」 「成長期2」 「退行期」「休止期」の4期があり、この毛周期に合わせて脱毛を行う必要があります。
※毛周期は部位、個人により差があります。
人間の表面に見える体毛は全体の約20%です。休止中の毛乳頭(白色)には反応しませんので、次に生えてくる(黒い毛母細胞に包まれている)体毛に何回か繰り返してレーザーを照射することで、徐々に減毛→脱毛が行われます。
※施術回数は毛量などで個人差があります。

成長期1 栄養素を吸収した毛母細胞の分裂が始まり、毛を成長が始まります。
成長期2 毛細胞分裂がさらに活発になり、表面に出て伸び続けます。
退行期 毛の成長が止まり、抜け落ちる時期です。細胞分裂が止まるため毛の成長も止まります。
休止期 成長が止まり、毛が抜け落ちる時期です。毛乳頭が栄養を送らず休んでいる状態。
この時期に新しい毛をつくる準備が始まり、成長期へと繰り返していきます。
川崎の宮前いとうクリニックの方針に沿って、安全に痛くなくゆっくり若返ろうと思われた方は、ご予約をお電話から予約をお願い致します。また、予約されている患者様のために決められた時間でお部屋をご用意していますので、時間通りにおこしください。

一般皮膚科

聖マリアンナ医大の近くです

大きな地図で見る

〒216-0015
川崎市宮前区菅生2-1-6日向園ビル2F

最寄駅
東急田園都市線溝口駅下車
小田急線向ヶ丘遊園駅下車
田園都市線あざみの駅下車
バス「蔵敷(ぞうしき)バス停」下車すぐ

ページトップへ