おできの話-一般皮膚科-皮膚科、アンチエイジング、形成外科なら川崎の宮前いとうクリニック

アンチエイジング、皮膚科、形成外科なら川崎の宮前いとうクリニック

一般皮膚科

皮膚科の病気の話

おできの話

皮膚の下に何かしこりを触れる場合、「おでき」があると言って受診されます。よくある「おでき」についてお話します。

  かたさと形 深さ  
ふんりゅう
(粉瘤)
ゴムボールくらいのかたさで丸くふくれます。中央付近に毛穴の開いたようなヘソが見えることが多い。 皮膚に接している皮膚が袋状になったものです。 中にアカがたまっています。ときに急に赤くはれて痛くなります。(化膿性粉瘤)
石灰化上皮腫 石みたいにごつごつしています。境界明瞭です。 皮膚のすぐ下 白い石灰のかたまりのような腫瘍です。
脂肪腫 やわらかく、境界不明瞭です。 深い 脂肪のかたまりです。ときに筋肉内にもできます。
〈当院の方針〉
ほとんどは局所麻酔で切り取ります。初診時に手術日を予約します。非常に多い病気なので、毎日のように手術しています。炎症がなければきれいに取れますので、再発はまずありません。ただし、化膿している場合は、抗生剤投与・切開排膿等で炎症がおさまってから手術します。大きい脂肪腫は、局所麻酔では無理なので病院へ紹介します。こどもの場合はケースバイケースで対応します。

一般皮膚科

聖マリアンナ医大の近くです

大きな地図で見る

〒216-0015
川崎市宮前区菅生2-1-6日向園ビル2F

最寄駅
東急田園都市線溝口駅下車
小田急線向ヶ丘遊園駅下車
田園都市線あざみの駅下車
バス「蔵敷(ぞうしき)バス停」下車すぐ

ページトップへ